公開日: |更新日:

矯正中に口臭は発生する?

矯正中に気になる点と言えば、口臭ではないでしょうか。口臭が気になってしまうと、人と話すのも億劫になるなど大きなストレスを感じてしまいます。このページでは矯正中に口臭が発生する理由や口臭対策について紹介するので、ぜひチェックしてみてください。

矯正中は口臭が出やすくなる

矯正中はさまざまな理由から口臭が発生しやすい状況にあります。原因を知ることで効果的な対策も講じやすくなるので、しっかりと原因をチェックしておきましょう。

磨き残しによる細菌繁殖

矯正治療中だと矯正装置を付けているので、どうしても矯正装置と歯の隙間が磨きにくくなり、磨き残しの部分が増えてしまいます。細菌を放置してしまえば、徐々に増殖するため口臭の要因になってしまうでしょう。さらに放置し続ければ、虫歯・歯周病になりかねないので注意してください。

装置が汚れている

矯正装置に食べかすなどの汚れが残ってしまえば、その汚れが口臭の原因になるでしょう。そのまま放置すると虫歯菌・歯周病菌が増殖するので、より口臭が発生しやすくなります。

口の中が乾燥している

口の中にある唾液は殺菌作用があり、乾燥していれば唾液は失われている状態なので細菌も繁殖しやすい状態にあります。矯正中は装置の影響で口を閉じにくいケースもあるため、口腔内が乾燥しやすいので注意が必要です。

できた傷や炎症の悪化

矯正装置が口腔粘膜に当たり、傷ができるケースもあります。傷や炎症を放置してしまうと、膿がでることで口臭が発生する可能性もあります。

唾液による自浄作用の低下

唾液の自浄作用が低下してしまうと、口臭が抑えにくくなるので注意しましょう。とくにマウスピースで矯正治療をする場合、マウスピースの内側に唾液が届きにくいので自浄作用を低下させるリスクが高まります。

臭いがないか確認する方法

口臭があるかどうか悩んでいる人の中には、それほど口臭がない方もいます。自分自身の口臭が強いか弱いについては、いくつか確認する方法があるので試してみましょう。

唾液の臭いで確認

唾液によって口臭を簡単にチェックすることが可能です。

手の指を洗い、消毒してから舌の上・歯茎などに指で触れて見ましょう。その指のニオイを嗅ぎ、匂いがどの程度かチェックします。この方法なら外出中でも気になるタイミングでいつでもチェック可能です。

息でも確認できる

袋を用意し、その袋に息を吹きかける方法です。吹きかけた直後に内側のニオイを嗅ぐと、口臭をチェックできます。唾液での確認方法よりも衛生的なので、口の中に指を入れることに抵抗を感じる方は息での確認方法が向いているでしょう。

口臭測定器を使っての確認

正確な数値を知りたいのであれば、口臭を専門的に測定できる「口臭測定器」を活用する方法もあります。専門の機械に息をフーと吹きかけるだけなので、非常に簡単です。数値を定期的に比較することもでき、客観的な視点で口臭をチェックできるでしょう。

矯正中に口臭を防ぐには

矯正中の口臭は日常生活のなかで簡単に防ぐことができます。口臭が気になるなら、口臭が発生しにくい習慣を心がけましょう。

歯磨きは必ずする

食後に丁寧に歯磨きをすることは、口臭を防ぐうえで重要になってきます。磨き残しがあれば食べかすなどが付着したままになるので、歯石・歯垢などになる恐れも。磨き残しがないように隅々まで歯磨きを徹底してください。

マウスウォッシュを使う

歯磨きだけでは狭い隙間が届かないこともあるので、マウスウォッシュを活用するのもおすすめです。マウスウォッシュには殺菌作用があるので、歯磨きの後だけでなく人と出会う前などにも使用してください。

歯間ブラシやデンタルフロスを使う

歯ブラシやマウスウォッシュでは歯と歯の隙間の汚れは取り除けません。歯と歯の間の汚れを取るなら、歯間ブラシやデンタルフロスが効果的です。歯磨きのタイミングで歯間ブラシやデンタルフロスでのケアも行うようにしましょう。

舌も磨く

舌は細菌が溜まりやすい場所でもあるため、口臭を防ぐのであれば舌磨きも効果的でしょう。舌磨き専用のブラシを使用して優しく舌をブラッシングしてください。過度に力を入れてしまうと、舌を傷つける恐れもあるので注意が必要です。

水分補給で乾燥を防ぐ

口腔内の乾燥によって細菌が増殖する恐れがあるため、こまめな水分補給で口の中の乾燥を防ぎましょう。とくに矯正装置を装着していると口が閉じにくい状態なので、喉が渇く前に口を潤すように意識してください。

唾液の分泌を促す

唾液には殺菌作用があるため、口臭予防には欠かすことができません。普段から食事のときには噛む回数を増やすなどを意識すると良いでしょう。また梅干し・レモンなどの酸っぱいものを食べることで、唾液の分泌を促すことも可能です。

生活習慣を整える

ストレス・食生活・喫煙なども口臭に深く関わる要因と言われています。そのため生活習慣を見直すことも大切です。ただ急に生活習慣を変えるのは難しいため、無理のない範囲で生活習慣を見つめ直すと良いでしょう。

歯のクリーニングを受ける

定期的に歯のクリーニングを受けるのも口臭対策となります。自分だけの歯磨きでは十分に汚れが落ちていないため、歯科医院で歯のクリーニングを受けることによって口腔内を清潔に保ちやすくなるでしょう。口臭を防ぐだけでなく、虫歯や歯周病の予防にもつながります。

矯正装置を洗う

長く矯正装置を装着したままにしておけば、当然ながら矯正装置も汚れが溜まってしまいます。細かな部品も多いので、矯正装置を装着したまま綺麗にするのは難しいでしょう。そのため自分で外せるのであれば洗浄剤などを使用して、定期的に洗浄を行ってください。自分では外すことができないなら、歯科医院に相談して洗浄してもらうようにしましょう。

特集Check
東京のおすすめ
部分矯正歯科医院【3院】

Googleで「部分矯正 東京」と検索して公式サイトが表示されたクリニック50院から、「最寄り駅から5分以内の距離にある」「夜間診療がある(19:00以降)」「休日診療がある(土日いずれか)」「公式サイトに部分矯正の症例が10件以上掲載されている」を満たす歯科医院をリサーチ。
条件をクリアしたクリニックで「前歯(6本)の部分矯正を行った場合の費用目安」(※1)を計算し、費用が安かった上位3院を紹介します。(2023年7月21日調査時点)

【費用について】

  • (※1)前歯(6本)の部分矯正の費用目安は【初診料+検査・診断料+装置代金+通院中の装置調整料(月1回×6か月)】で算出しています。ただし、部分矯正の費用や治療にかかる期間は、矯正装置の種類、口の中の状態、抜歯の有無によって異なりますので、詳細はクリニックに問い合わせてください。
  • (※2)たつや歯科の費用目安には、初診料・カウンセリング・口腔内検査3,500円程度+前歯(6本)の表側・ワイヤー部分矯正198,000円(1本あたり33,000円)が含まれています。通院中の装置調整料、通院中のクリーニング、ホワイトワイヤーへの変更、保定装置は無料です。
    参照:https://www.bubun-kyousei.jp/flow.html
  • (※3)ワイズ板橋歯科・おとなこども矯正歯科の費用目安には、精密検査44,000円+前歯(6本)の表側・ワイヤー部分矯正198,000円(1本あたり33,000円)が含まれています。相談・カウンセリング、通院中の装置調整料、通保定装置は無料です。
    参照:https://www.olympic-dental.com/price.html
  • (※4)UC矯正歯科クリニック麻布十番の費用目安には、精密検査・診断費55,000円+片顎の表側・ワイヤー部分矯正165,000円+通院中の装置調整料33,000円(都度5,500円×月1回×6か月で計算)が含まれています。初診料・相談料は無料です。
    参照:https://www.uc-ortho.com/price/
【インビザラインについて】
インビザラインは、厚生労働省・未承認医療機器です。日本の矯正治療では医師の責任のもとに使用されます。また、インビザラインは薬機法の承認を受けていない矯正歯科装置のため、医薬品副作用被害救済制度の対象外です。その他の矯正治療も、健康保険(公的医療保険)対象外となりますのでご注意ください。インビザラインの入手経路については、各クリニックによって異なります。詳細は各クリニックへ直接お問い合わせください。日本国内で製作されている類似のマウスピース矯正装置のいくつかは、薬事承認を受けています。
当サイトに掲載されている治療には、インビザライン以外にも未承認医薬品または医療機器を用いた施術が含まれる場合があります。治療に使用される医療機器の入手経路はクリニックによって異なるため、詳細についてはクリニックに直接お問い合わせください。施術を受ける際には、医師によく相談して、納得した上で受けるようにしましょう。これまでに、900万人以上(2020年10月時点)の方がインビザライン・システムを用いた治療を受けています。
※参照元:インビザライン・ジャパン株式会社(https://www.invisalign.co.jp/)