公開日: |更新日:

矯正治療で行う精密検査とは?

精密検査では、レントゲン撮影、口腔内および顔面写真撮影、口腔内スキャンおよび模型作成を行います。

一人一人にあった治療を提供する上で、精密検査は欠かすことが出来ない重要なステップです。

精密検査をする目的

精密検査は、現在の口内の状態を確認し、治療の方針を決定する目的で行われます。

二期治療の場合、精密検査はカウンセリングの後・実際に治療を始める前のタイミングに一度だけ行いますが、一期治療の場合、永久歯がある程度揃ったタイミングでもう一度精密検査を行います。骨や歯の成長具合を確認し、二期治療をさらに行う必要があるか確認するためです。

精密検査では具体的になにをするの?

精密検査では、レントゲン撮影、口腔内および顔面写真撮影、口腔内スキャンおよび模型作成を行います。

レントゲン撮影

レントゲン撮影では、パノラマレントゲン、側面セファログラム、正面セファログラムを行います。なお、治療内容によっては、さらに顎関節レントゲンを行うことがあります。

また、一期治療の場合は手根骨レントゲンも行います。

パノラマレントゲン

それぞれ歯の位置や数、歯根の形状、あご骨の状態などを確認するために、パノラマレントゲンでは顎全体を撮影します。また、一期治療の場合には、まだ生えていない顎骨の中の永久歯の位置や数などもパノラマレントゲンで確認します。

側面セファログラム・正面セファログラム

頭蓋に対する上顎骨と下顎骨の位置やそれぞれの歯の傾斜具合、顔面の左右対称性、咬み合わせ面の角度…などを分析することを「セファロ分析」と言いますが、このセファロ分析のために顎を真横および正面から撮影するのが側面セファログラムと正面セファログラムです。

セファロ分析では骨や軟組織をトレースしながら、歯並びに関するさまざまな情報を数値に置き換え、その上で、標準的な歯並びに対するズレを分析していきます。セファロ分析は治療の方針を決める上で重要な検査の一つであり、例えば、骨格に対する外科的矯正治療の必要性の有無は、顔面の左右対称性を正面セファログラムを参考にしながら測定し、その結果に応じて判断します。

顎関節レントゲン

顎関節レントゲンでは下顎頭の形状や位置を確認します。一般的に、外科的矯正治療を受ける患者に対して行う検査です。

なお、顎関節レントゲンでは、顎を閉じた状態はもちろん、下顎を動かしたときの状態を確認するために顎を最大まで開いた状態(最大開口位)でも撮影を行います。

手根骨レントゲン

手根骨レントゲンは、一期治療で患者が「成長期のどの段階にいるのか」や「あとどれくらい歯や歯が成長するのか」を測定するために行われます。骨・歯の成長段階に応じて効果的な治療の種類は変わってくるため、一期治療において手根骨レントゲンは非常に重要な検査です。

なお、手根骨レントゲンはハンドリストと呼ばれることもあります。

エックス線CT撮影

エックス線CT撮影は、埋伏歯の位置をより正確に確認したり、顎変形症の治療をシミュレーションしたりといった目的で行われます。

歯科用CTを導入している歯科クリニックの数はまだまだ多くありませんが、レントゲン撮影だけでは歯の位置や形状を三次元的に把握することは出来ません。治療精度を高めるためにも、エックス線CT撮影は非常に重要です。

口腔内および顔面写真撮影

かみ合わせの状態やそれぞれの歯の形状などを確認するために、口腔内写真を撮影します。また、治療経過を記録し、患者さんに説明するためにも口腔内写真は使われます。

顔面写真は顔の形左右対称性、口唇閉鎖時の筋肉の緊張具合を確認するために撮影します。

口腔内スキャンおよび模型作成

専用の口腔内スキャナーを使って型取りを行い、平行模型の3Ⅾモデルを作成します。その後、モデルを見ながら実際の歯の大きさや形状、現在のかみ合わせの状態を確認していきます。なお、場合によっては3Dプリンターを使用して模型を実際に作成することもあります。

模型作成ための型取りというと、「粘土を咬む」というイメージをお持ちの方も多いかもしれませんが、専用の口腔内スキャナーでの型取りの場合、小さなカメラを口内に入れるだけなので苦しくなることはありません。

精密検査にかかる時間の目安

精密検査にかかる時間の目安は30分~1時間程となっています。ただし、検査項目やクリニックの混雑状況によっては、さらに多くの時間がかかることもあります。

そのため、精密検査は時間に比較的余裕があるときに受けるのがおススメです。

精密検査の結果が出るまでの期間の目安

精密検査の結果が出るまでに、平均で1カ月程度掛かります。精密検査の結果が出ると、それをもとに医師が治療計画を作成し、「診断」で治療方針や治療方法、治療費の目安などについて説明します。

診断が終われば、いよいよ装置を装着し、治療開始となります。

価格と口コミ評判も要チェック!
東京でおすすめの部分矯正歯科【3院】

特集Check
東京のおすすめ
部分矯正歯科医院【3院】

Googleで「部分矯正 東京」と検索して公式サイトが表示されたクリニック50院から、「最寄り駅から5分以内の距離にある」「夜間診療がある(19:00以降)」「休日診療がある(土日いずれか)」「公式サイトに部分矯正の症例が10件以上掲載されている」を満たす歯科医院をリサーチ。
条件をクリアしたクリニックで「前歯(6本)の部分矯正を行った場合の費用目安」(※1)を計算し、費用が安かった上位3院を紹介します。(2023年7月21日調査時点)

【費用について】

  • (※1)前歯(6本)の部分矯正の費用目安は【初診料+検査・診断料+装置代金+通院中の装置調整料(月1回×6か月)】で算出しています。ただし、部分矯正の費用や治療にかかる期間は、矯正装置の種類、口の中の状態、抜歯の有無によって異なりますので、詳細はクリニックに問い合わせてください。
  • (※2)たつや歯科の費用目安には、初診料・カウンセリング・口腔内検査3,500円程度+前歯(6本)の表側・ワイヤー部分矯正198,000円(1本あたり33,000円)が含まれています。通院中の装置調整料、通院中のクリーニング、ホワイトワイヤーへの変更、保定装置は無料です。
    参照:https://www.bubun-kyousei.jp/flow.html
  • (※3)ワイズ板橋歯科・おとなこども矯正歯科の費用目安には、精密検査44,000円+前歯(6本)の表側・ワイヤー部分矯正198,000円(1本あたり33,000円)が含まれています。相談・カウンセリング、通院中の装置調整料、通保定装置は無料です。
    参照:https://www.olympic-dental.com/price.html
  • (※4)UC矯正歯科クリニック麻布十番の費用目安には、精密検査・診断費55,000円+片顎の表側・ワイヤー部分矯正165,000円+通院中の装置調整料33,000円(都度5,500円×月1回×6か月で計算)が含まれています。初診料・相談料は無料です。
    参照:https://www.uc-ortho.com/price/
【インビザラインについて】
インビザラインは、厚生労働省・未承認医療機器です。日本の矯正治療では医師の責任のもとに使用されます。また、インビザラインは薬機法の承認を受けていない矯正歯科装置のため、医薬品副作用被害救済制度の対象外です。その他の矯正治療も、健康保険(公的医療保険)対象外となりますのでご注意ください。インビザラインの入手経路については、各クリニックによって異なります。詳細は各クリニックへ直接お問い合わせください。日本国内で製作されている類似のマウスピース矯正装置のいくつかは、薬事承認を受けています。
当サイトに掲載されている治療には、インビザライン以外にも未承認医薬品または医療機器を用いた施術が含まれる場合があります。治療に使用される医療機器の入手経路はクリニックによって異なるため、詳細についてはクリニックに直接お問い合わせください。施術を受ける際には、医師によく相談して、納得した上で受けるようにしましょう。これまでに、900万人以上(2020年10月時点)の方がインビザライン・システムを用いた治療を受けています。
※参照元:インビザライン・ジャパン株式会社(https://www.invisalign.co.jp/)