部分矯正、治療後のメンテナンスはすべき?

部分矯正後のメンテナンスについて

部分矯正という歯科治療は、治療行為という意味では矯正装置を装着して歯を動かす行程を意味しますが、その後のメンテナンスも欠かせない行程です。

そう、ブラケットやマウスピースなど矯正装置を外した段階で矯正治療がオールクリアとなるわけではなく、動かした歯が後戻りしないような処置をするなど、アフターケアをきっちりすることが重要です。

後戻りを避けるためのリテーナーについて

リテーナーとは保定装置とも呼ばれ、矯正装置で動かした後の歯を安定してキープさせるために装着するアイテムです。矯正装置を外してすぐは、歯が元に戻ろうと【後戻り】の動きをするもの。その対策として、リテーナーを歯に装着するわけです。

リテーナーにも床タイプやワイヤータイプ、マウスピースタイプなどがあり、目立ちにくいかどうかや取り外ししやすいかどうかといった違いがあります。

リテーナーによる標準的な保定期間は1~2年といわれていますが、これも個人差などにより3年近くなるケースもあります。また、リテーナー装着から1年半くらいは常時装着して、安定後は少しずつ装着時間を減らします

定期健診について

保定期間中はある程度期間を置いて通院、定期健診を受けることになります。これもケースバイケースではありますが、頻度はだいたい3~6ヶ月に一度のペース。

なお、定期健診の費用は1回あたり1,000~3,000円といったところ。その際にリテーナーの装置などが必要となった場合、別途費用がかかることもあります。

メンテナンスは必ず行くべきなのかどうか

矯正装置を外した後、リテーナーを使わないでそのままにしておくと、せっかく矯正で動かした歯が後戻りしてしまいます。それを歓迎する人はいないでしょうから、メンテナンスは必ず行くべきです。

メンテナンスに行くと得られる副産物的なメリット

矯正治療をするにあたっては虫歯などを治療するのが一般的ですが、歯を動かした後のメンテナンスで、従来は見えない箇所にあった虫歯や歯周病などが早期発見できるケースがあります。また、こうした箇所の治療は、矯正前よりも歯を動かした後の方が、歯を削る量が少なくなることもあります。

参照元:『部分矯正とマウスピース矯正の魅力』(You矯正歯科/青山健一(著))

特集Check
東京のおすすめ
部分矯正歯科医院【3院】

治療期間最短3ヶ月、平均6ヶ月の症例を公式HPで実際に掲載していて、所属学会から認定資格をもらっている東京の部分矯正歯科【3院】をピックアップ!

  • 料金目安は、6ヶ月の治療でかかる料金を算出。カウンセリング、診察、診断、レントゲン撮影、ワイヤー、調整、保定の全ての料金を含みます。ただし、個人差や症状によって変わりますので、不明点はクリニックに問い合わせて下さい。
  • 治療後の保定期間は含みません。
  • 部分矯正の費用平均は30万~50万円、治療期間の平均は、上下の歯両方で1年程度、片側だけで6ヶ月と言われています。症状やクリニックの方針により金額・治療期間は変わりますので、お一人で悩まずぜひクリニックに相談して下さい。
  • 痛みが少ない治療ではありますが、治療中は多少の痛みを伴う場合があります。また、指示された期間の定期健診を怠ると後戻りをするリスクもありますのでご注意下さい。

東京で認定資格を持つ
おすすめの部分矯正歯科3院