公開日: |最終更新日時:

部分矯正ができないケースはある?

前歯だけなど、歯の一部が気になるときにおこなう部分矯正。ですが、症状によっては部分矯正が適用できないケースがあります。ここでは、部分矯正ができない症例と部分矯正ができない場合の対処方法について説明していきます。

部分矯正ができない症例

前歯部の凹凸が激しい

前歯部の凹凸が激しい場合は、部分矯正ができないと判断されるケースがあります。凹凸のある歯並びを矯正するには、歯が収まるスペースを確保しなければなりません。ですが、部分矯正では一部の歯しか動かさないため、スペースを作ることが困難になってしまいます。

症状によっては前歯を削ることでスペースを作ることも可能です。しかし、奥歯から動かさなければならないほど前歯の重なりが重度の場合は、部分矯正は難しいでしょう。

前歯や八重歯のスペースが足りない

犬歯に起こることが多い八重歯ですが、八重歯が歯列から外れて突出している場合は部分矯正が難しいとされています。突出している八重歯を矯正するには、歯を引っ込めるためのスペースを作る必要があります。ですが、八重歯が突出していると前歯にもスペースがないケースがほとんどです。そのため、部分矯正では十分なスペースを確保することができません。

スペースをしっかり確保しないと他の歯の並びに影響が出てしまい、歯並びの悪化や噛み合わせに影響が出てしまう可能性も。八重歯を引っ込めるスペースが確保できると判断された場合は部分矯正ができる可能性もあります。

噛み合わせに問題がある

噛み合わせに問題がある場合は、部分矯正では対応が難しいでしょう。噛み合わせは奥歯に問題があるケースが多く、前歯など比較的動かしやすい歯に適応できる部分矯正は適していません。

噛み合わせの問題は、前歯・奥歯・そして上下とすべての歯と関係があります。安定して噛めるようになることを目的とするため、噛み合わせの問題に関係するすべての歯を動かす必要があります。

部分矯正ができない場合の対処方法

全体矯正

部分矯正ができない場合は、全体矯正で歯列を整えます。前歯の凹凸や八重歯も、奥歯から全体的に歯を動かしてスペースを確保することで、矯正できる場合があります。噛み合わせに問題がある場合も、全体矯正によって噛み合わせの改善が期待できるでしょう。

手術

歯並びの問題は顎のズレによって生じるケースがあります。顎がズレていると、歯が上下の顎に収まらずに歯並びや噛み合わせに問題が生じる可能性があります。顎がズレている場合は、手術をすることで歯並びの改善が可能です。

ただし、手術は歯並びを治したい方が誰でも受けられるものではありません。手術をしなければ治せないという医師の判断が必要になります。

歯並びで悩んでいる方は医師に相談してみよう

部分矯正で歯並びの悩みを解決できるかどうかは、症状によって異なります。部分矯正が「できる・できない」の判断は医師にしかできません。歯並びや噛み合わせのことで悩んでいる方は、確認も含めて、まずは医師に相談してみましょう。

特集Check
東京のおすすめ
部分矯正歯科医院【3院】

治療期間最短3ヶ月、平均6ヶ月の症例を公式HPで実際に掲載していて、所属学会から認定資格をもらっている東京の部分矯正歯科【3院】をピックアップ!

  • 料金目安は、6ヶ月の治療でかかる料金を算出。カウンセリング、診察、診断、レントゲン撮影、ワイヤー、調整、保定の全ての料金を含みます。ただし、個人差や症状によって変わりますので、不明点はクリニックに問い合わせて下さい。
  • 治療後の保定期間は含みません。
  • 部分矯正の費用平均は30万~50万円、治療期間の平均は、上下の歯両方で1年程度、片側だけで6ヶ月と言われています。症状やクリニックの方針により金額・治療期間は変わりますので、お一人で悩まずぜひクリニックに相談して下さい。
  • 痛みが少ない治療ではありますが、治療中は多少の痛みを伴う場合があります。また、指示された期間の定期健診を怠ると後戻りをするリスクもありますのでご注意下さい。
【インビザラインについて】
インビザラインは、厚生労働省・未承認医療機器です。日本の矯正治療では医師の責任のもとに使用されます。また、インビザラインは薬機法の承認を受けていない矯正歯科装置のため、医薬品副作用被害救済制度の対象外です。その他の矯正治療も、健康保険(公的医療保険)対象外となりますのでご注意ください。インビザラインの入手経路については、各クリニックによって異なります。詳細は各クリニックへ直接お問い合わせください。日本国内で製作されている類似のマウスピース矯正装置のいくつかは、薬事承認を受けています。これまでに、900万人以上(2020年10月時点)の方がインビザライン・システムを用いた治療を受けています。
※参照元:インビザライン・ジャパン株式会社(https://www.invisalign.co.jp/)