公開日: |最終更新日時:

部分矯正で対応できる症状について

部分矯正だと全体矯正よりもコストが安く、治療期間も短いため、検討する人は少なくありません。とはいえ、部分矯正は全ての人が対応できるわけではなく、対応症例の方が選択できる矯正治療法です。ここでは、部分矯正に適した症例について紹介しています。

部分矯正に適した歯列は?

出っ歯

上顎の歯列が前に突き出ている症状は出っ歯と呼ばれますが、角度を正しい方向へと導くだけで、部分矯正で対応できる可能性があります。ただし、下顎が引っ込んでいる場合は、下顎の歯列の位置も整える必要があり、全体矯正が必要となる可能性が高いといえます。

受け口

受け口は、下顎の歯列が前方に出ている状態で、別名しゃくれとも呼ばれる症状です。受け口は骨格が原因となっているケースもあり、骨格から正す必要がある場合には外科手術が必要です。ただし、上顎の前歯を整えるだけで済む場合は、部分矯正で対応できる可能性があります。

でこぼこの歯

でこぼこの歯とは、歯列が重なる、あるいはずれている状態を指しています。歯列が凹凸状態になっている症状で、乱杭歯や叢生とも呼ばれています。軽度のでこぼこであれば、部分矯正でも対応することが可能です。ただし、中等度から重度のでこぼこの状態では、全体矯正が必要となるでしょう。

すきっ歯

すきっ歯とは、歯と歯の間が離れた状態のことです。別名空隙歯列とも呼ばれており、前歯の隙間が大きい場合は正中離開と呼ばれています。部分矯正は前歯6本を矯正する治療法なので、軽度であればすきっ歯の治療も可能です。ただし、中等度から重度のケースでは、すきっ歯を治す過程で、前歯以外の噛み合わせは治せないリスクがあり、全体矯正が必要となる可能性があるでしょう。

オープンバイト

オープンバイトは、いわゆる開咬と呼ばれる症状で、前歯がかみ合わない状態です。前歯が閉じず、発音や咀嚼に問題が生じるケースもあるでしょう。軽度であれば対応できる可能性がありますが、開咬の矯正治療は難しく、治療期間が長くかかることも。全体矯正での治療を進められる可能性が高い症状だといえます。

まとめ

上記で紹介した症状に該当する場合でも、部分矯正で対応できるかは症状の度合いによって異なります。中等度から重度のケースでは、後戻りのリスクも考慮して全体矯正を勧められる可能性もあるでしょう。軽度だと思っていても、全体矯正が必要となるケースは少なくありません。対応できるかどうかは自己判断せず、医師に判断をゆだねてください。

特集Check
東京のおすすめ
部分矯正歯科医院【3院】

治療期間最短3ヶ月、平均6ヶ月の症例を公式HPで実際に掲載していて、所属学会から認定資格をもらっている東京の部分矯正歯科【3院】をピックアップ!

  • 料金目安は、6ヶ月の治療でかかる料金を算出。カウンセリング、診察、診断、レントゲン撮影、ワイヤー、調整、保定の全ての料金を含みます。ただし、個人差や症状によって変わりますので、不明点はクリニックに問い合わせて下さい。
  • 治療後の保定期間は含みません。
  • 部分矯正の費用平均は30万~50万円、治療期間の平均は、上下の歯両方で1年程度、片側だけで6ヶ月と言われています。症状やクリニックの方針により金額・治療期間は変わりますので、お一人で悩まずぜひクリニックに相談して下さい。
  • 痛みが少ない治療ではありますが、治療中は多少の痛みを伴う場合があります。また、指示された期間の定期健診を怠ると後戻りをするリスクもありますのでご注意下さい。
【インビザラインについて】
インビザラインは、厚生労働省・未承認医療機器です。日本の矯正治療では医師の責任のもとに使用されます。また、インビザラインは薬機法の承認を受けていない矯正歯科装置のため、医薬品副作用被害救済制度の対象外です。その他の矯正治療も、健康保険(公的医療保険)対象外となりますのでご注意ください。インビザラインの入手経路については、各クリニックによって異なります。詳細は各クリニックへ直接お問い合わせください。日本国内で製作されている類似のマウスピース矯正装置のいくつかは、薬事承認を受けています。これまでに、900万人以上(2020年10月時点)の方がインビザライン・システムを用いた治療を受けています。
※参照元:インビザライン・ジャパン株式会社(https://www.invisalign.co.jp/)