公開日: |更新日:

部分矯正中に妊娠しても問題ない?

矯正治療中に妊娠が発覚した場合、おなかの赤ちゃんへの影響を気にする方は多いでしょう。部分矯正の治療に、不安を抱く方も多いはずです。そこでこの記事では、妊娠中の部分矯正治療について、注意点を3つ紹介します。

部分矯正中の妊娠は大丈夫

部分矯正中に妊娠しても、体調にさえ気を付ければ、基本的に治療を継続することは可能です。ただし、妊娠中には一部治療内容を変更するケースもあるため、妊娠が分かった時点で歯医者に伝える必要はあるでしょう。

妊娠中の部分治療での注意点

レントゲンの撮影

妊娠中はおなかの赤ちゃんへの影響を考えて、レントゲン撮影を行うことはできません。歯科医でのレントゲン撮影は顔部分のみ撮影するうえ、被ばく量も微量なため心配は少ないとされています。それでも念のため、妊娠中はレントゲン撮影を避ける方が賢明です。とくにレントゲン撮影の影響を受けやすい妊娠初期は、控えるようにしましょう。

部分矯正の場合、治療の初期の段階でレントゲン撮影を行います。そのため、妊娠してから治療を受けるのでなければ、ほとんどの場合は問題なく部分矯正を継続できます。途中経過を確認するためにレントゲン撮影を行うケースもありますが、妊娠中の場合はレントゲン撮影を1度飛ばしても大丈夫です。

抜歯時の麻酔

歯科医で抜歯時に使用する麻酔の量は、ごくわずかです。しかも歯や口に対して行うため、おなかの赤ちゃんへの影響は問題ないとされています。それでも万が一のことを考えて、麻酔は使用しないほうが良いでしょう。

部分矯正の場合、麻酔を使用する治療はほとんどありません。部分矯正で抜歯を行う場合は、妊娠前の段階で処置を受けるようにしましょう。妊娠中に部分矯正を始める方は少ないと思います。もし部分治療中に妊娠した場合は、麻酔が必要な工程をずらしたり、スケジュールを組み直したりしてくれるはずです。

おくすりの使用

妊娠中のおくすりの使用は控えた方がよいとされています。妊娠中はくすりの影響や副作用が気になる方も多いでしょう。しかし、必要に応じて薬を服用したほうがいいケースもあります。歯医者で使用する薬は、痛み止めや抗生剤がほとんどです。我慢できないほどの痛みや腫れがあるときは、我慢せず歯科医に相談することをおすすめします。

歯医者では妊娠中でも服用できる薬を取り扱っています。歯科医に相談し、適した薬を処方してもらいましょう。

治療中に通院をお休みすることは可能?

妊娠中に治療を一時的にお休みすることは可能です。出産予定日の1か月前から産後1か月間は、ほとんどの方が通院を休みます。妊娠中の体調は人それぞれ異なるため、体調の変化に合わせて、歯科医と相談しながら矯正スケジュールを組みましょう。

矯正歯科を数多く紹介していますので、ぜひクリニック選びの参考にしてみてください。

価格と口コミ評判も要チェック!
東京でおすすめの部分矯正歯科【3院】

特集Check
東京のおすすめ
部分矯正歯科医院【3院】

Googleで「部分矯正 東京」と検索して公式サイトが表示されたクリニック50院から、「最寄り駅から5分以内の距離にある」「夜間診療がある(19:00以降)」「休日診療がある(土日いずれか)」「公式サイトに部分矯正の症例が10件以上掲載されている」を満たす歯科医院をリサーチ。
条件をクリアしたクリニックで「前歯(6本)の部分矯正を行った場合の費用目安」(※1)を計算し、費用が安かった上位3院を紹介します。(2023年7月21日調査時点)

【費用について】

  • (※1)前歯(6本)の部分矯正の費用目安は【初診料+検査・診断料+装置代金+通院中の装置調整料(月1回×6か月)】で算出しています。ただし、部分矯正の費用や治療にかかる期間は、矯正装置の種類、口の中の状態、抜歯の有無によって異なりますので、詳細はクリニックに問い合わせてください。
  • (※2)たつや歯科の費用目安には、初診料・カウンセリング・口腔内検査3,500円程度+前歯(6本)の表側・ワイヤー部分矯正198,000円(1本あたり33,000円)が含まれています。通院中の装置調整料、通院中のクリーニング、ホワイトワイヤーへの変更、保定装置は無料です。
    参照:https://www.bubun-kyousei.jp/flow.html
  • (※3)ワイズ板橋歯科・おとなこども矯正歯科の費用目安には、精密検査44,000円+前歯(6本)の表側・ワイヤー部分矯正198,000円(1本あたり33,000円)が含まれています。相談・カウンセリング、通院中の装置調整料、通保定装置は無料です。
    参照:https://www.olympic-dental.com/price.html
  • (※4)UC矯正歯科クリニック麻布十番の費用目安には、精密検査・診断費55,000円+片顎の表側・ワイヤー部分矯正165,000円+通院中の装置調整料33,000円(都度5,500円×月1回×6か月で計算)が含まれています。初診料・相談料は無料です。
    参照:https://www.uc-ortho.com/price/
【インビザラインについて】
インビザラインは、厚生労働省・未承認医療機器です。日本の矯正治療では医師の責任のもとに使用されます。また、インビザラインは薬機法の承認を受けていない矯正歯科装置のため、医薬品副作用被害救済制度の対象外です。その他の矯正治療も、健康保険(公的医療保険)対象外となりますのでご注意ください。インビザラインの入手経路については、各クリニックによって異なります。詳細は各クリニックへ直接お問い合わせください。日本国内で製作されている類似のマウスピース矯正装置のいくつかは、薬事承認を受けています。
当サイトに掲載されている治療には、インビザライン以外にも未承認医薬品または医療機器を用いた施術が含まれる場合があります。治療に使用される医療機器の入手経路はクリニックによって異なるため、詳細についてはクリニックに直接お問い合わせください。施術を受ける際には、医師によく相談して、納得した上で受けるようにしましょう。これまでに、900万人以上(2020年10月時点)の方がインビザライン・システムを用いた治療を受けています。
※参照元:インビザライン・ジャパン株式会社(https://www.invisalign.co.jp/)