公開日: |最終更新日時:

目白歯科矯正歯科【目白】

目白歯科矯正歯科の口コミ評判

丁寧で説明が詳しかった

とても丁寧でした。説明も詳しく(中略)次回以降もお世話になりたいと思います。ありがとうございました。

設備が新しく、リラックス出来る病院

予約、待ち時間、治療の説明、質問した時の回答もしっかりしていて、設備も新しいものに感じました。 リラックス出来る病院でした。

リスクやデメリットをしっかりと教えてくれた

リスクやデメリットに関することをしっかりと教えてくださいました。ありがとうございました。今後の判断に役立てます。

以上引用元(EPARK・目白歯科矯正歯科ページ):https://haisha-yoyaku.jp/bun2sdental/detail/index/id/1331680453/tab/7/

目白歯科矯正歯科の部分矯正

目白歯科矯正歯科の部分矯正の費用

243,000円~

費用詳細

  • カウンセリング0円
  • 診察・診断30,000円
  • 部分矯正(片顎4~6本)160,000円~
  • 調整費53,000円

部分矯正の料金についてちょこっとコメント

部分矯正の事例イメージ
一般的には部分矯正では30万~50万円が平均的な治療総額料金設定と言われています。診察料・診断料の有る無しだけでも大きく料金差がでてきますので、治療総額はよ~くチェックしましょう!

東京でおすすめの部分矯正
歯科医院【3院】の料金を見る

目白歯科矯正歯科の部分矯正の治療期間目安(片側のみ)

平均記載なし、最短記載なし、最長記載なし

※部分矯正の治療期間の平均は3ヶ月~1年程度(上下の歯両方の場合含む)と言われています。

目白歯科矯正歯科の治療内容の詳細

ワイヤー矯正は表側・裏側とも対応。インビザラインを使ったマウスピース矯正やインプラント矯正にも対応しています。部分矯正は、固定源となる歯が全体矯正よりは少ないため、治療の難度が高くなるケースもあります。

目白歯科矯正歯科の注目ポイント

平日は20時まで診療、休診日なし

目白歯科矯正歯科は平日の診療時間が20時までと長めで、休診日がないのが大きな特徴。最寄り駅はJR山手線の目白でターミナル駅ではないものの、徒歩1分という好立地で通いやすい環境です。

インビザライン社からプラチナエリートの認定

目白歯科矯正歯科は矯正用マウスピースの代表的存在、インビザライン社から2019年度のダイヤモンド・プロバイダーの認定を受けています。これは、矯正歯科の症例数の豊富さを評価されたものです。

口腔外科医が担当するコルチコトミー法にも対応

顎の骨に対する施術であるコルチコトミー法は、標準的な矯正方法と組み合わせることで治療期間を短くできる可能性があります。目白歯科矯正歯科では、外科手術を専門とする口腔外科医が担当します。

目白歯科矯正歯科の医師の紹介

  • 院長名/山澤秀彦 医師
  • 所属学会/日本矯正歯科学会認定医、日本歯科審美学会、日本顎関節学会、日本舌側矯正歯科学会
  • 院長の部分矯正へのこだわり/カウンセリングに十分な時間をかけて、治療にあたっては患者を家族と思うのが方針。矯正治療は高額で長期間かかると思っている人に、部分矯正での治療を啓蒙

目白歯科矯正歯科の医院情報

  • 所在地/東京都豊島区目白3-4-11 ヒューリックビル3F
  • アクセス/JR「目白」駅徒歩1分
  • 診療時間/10:00~13:00、15:00~20:00、土・日・祝10:00~13:00、15:00~18:00
  • 休診日/なし
  • 電話番号/03-3953-9000
特集Check
東京のおすすめ
部分矯正歯科医院【3院】

治療期間最短3ヶ月、平均6ヶ月の症例を公式HPで実際に掲載していて、所属学会から認定資格をもらっている東京の部分矯正歯科【3院】をピックアップ!

  • 料金目安は、6ヶ月の治療でかかる料金を算出。カウンセリング、診察、診断、レントゲン撮影、ワイヤー、調整、保定の全ての料金を含みます。ただし、個人差や症状によって変わりますので、不明点はクリニックに問い合わせて下さい。
  • 治療後の保定期間は含みません。
  • 部分矯正の費用平均は30万~50万円、治療期間の平均は、上下の歯両方で1年程度、片側だけで6ヶ月と言われています。症状やクリニックの方針により金額・治療期間は変わりますので、お一人で悩まずぜひクリニックに相談して下さい。
  • 痛みが少ない治療ではありますが、治療中は多少の痛みを伴う場合があります。また、指示された期間の定期健診を怠ると後戻りをするリスクもありますのでご注意下さい。
【インビザラインについて】
インビザラインは、厚生労働省・未承認医療機器です。日本の矯正治療では医師の責任のもとに使用されます。また、インビザラインは薬機法の承認を受けていない矯正歯科装置のため、医薬品副作用被害救済制度の対象外です。その他の矯正治療も、健康保険(公的医療保険)対象外となりますのでご注意ください。インビザラインの入手経路については、各クリニックによって異なります。詳細は各クリニックへ直接お問い合わせください。日本国内で製作されている類似のマウスピース矯正装置のいくつかは、薬事承認を受けています。これまでに、900万人以上(2020年10月時点)の方がインビザライン・システムを用いた治療を受けています。
※参照元:インビザライン・ジャパン株式会社(https://www.invisalign.co.jp/)