公開日: |更新日:

部分矯正中の着色について注意すべきことは?

部分矯正中の着色について、注意すべき点をまとめました。着色汚れの原因と、矯正器具の着色を防ぐための方法を紹介します。

部分矯正中の着色汚れの原因は?

ワイヤーを固定するためのゴムは色素が染みやすい

矯正器具のワイヤーを固定するためのゴムは色素沈着しやすく、汚れが目立ちやすい素材です。ゴムが色素沈着したからと言って治療に影響はありませんが、視覚的に気になるという方は多いでしょう。ゴムの交換は1か月ごとなどに行われ、頻繁ではありません。そのため、できるだけ着色しないように注意することが大切です。

しかも、矯正器具の着色汚れは落としにくく、歯ブラシや日常のお手入れでは着色汚れを落とすことはできません。ゴムの着色がどうしても気になるときは、ゴムを交換してもらえないかクリニックに相談してみましょう。

着色しやすい食べ物・飲食物を口にする

矯正器具が着色する原因の多くは、食事です。コーヒーやワインなどの飲み物、カレーやケチャップなど色が濃い食べ物は、色素が染みやすい食品です。矯正治療中の着色汚れが気になる場合は、食べ物や飲み物にも注意しましょう。

タバコによる着色

タバコも着色汚れの原因の一つです。タバコに含まれている有害物質は、ヤニとなって現れます。このヤニは矯正装置にもついてしまい着色するのです。ヤニは歯磨きをしても落とすことができません。着色汚れが気になるのであれば、禁煙することも大切です。

タバコをどうしても我慢できないという人は、タバコを吸った後すぐには磨きをするだけでも着色を軽減できます。

矯正器具の着色を防ぐための方法は?

毎日の歯磨きやうがいをする

食事や間食の後は、必ず歯磨き・うがいをしましょう。口の中に残っているステインを取り除き、着色を防ぎます。歯磨きで着色を完全に取り除くことは難しいですが、軽減することは可能です。こまめに手入れをして、綺麗を保ちながら食事も楽しむとよいでしょう。

ただし、研磨剤入りの歯磨き粉には注意してください。着色を落とすために研磨剤入りを使用したくなりますが、研磨剤が入っていると器具に細かな傷が入ってしまいます。傷があるとより着色しやすいため、研磨剤の入っていない歯磨き粉を選ぶことをおすすめします。

着色しやすい飲食物を避ける

コーヒーやワイン、カレーライスなど、着色しやすい飲食物は避けるとよいでしょう。

どうしても着色しやすい食べ物を食べたいときには、器具の調整を行う前日~2日前に食べることをおすすめします。そうすれば、着色したとしてもすぐにゴムを交換してもらえるので、着色を気にする期間が短くて済むでしょう。

コーヒーなどの飲み物に関しては、ストローを使って飲めば装置に当たらず着色を防げます。

ただし、プラスチックブラケットを使用している場合は注意が必要です。ブラケットが着色しても、基本的には外せません。プラスチックブラケットを使用している場合は、できるだけ着色しやすい飲食物を避けることです。

歯医者さんでクリーニングをする

普通に生活していると、どれだけ注意していても、完全に着色を防ぐことは難しいでしょう。もし、着色が気になってしまった場合は、歯医者さんに相談してクリーニングをお願いしましょう。器具のすき間や歯の表面をクリーニングしてもらえば、着色が目立たなくなるかもしれません。

矯正治療中のクリーニングについては、歯科医院によって行っている処置が異なります。まずは、かかりつけの歯医者に相談してみましょう。

まとめ

矯正治療中の着色汚れについては、基本的には毎日の食生活を見直し、歯磨き習慣でケアすることが大切です。着色が気になるからと言って、自分で無理に落とそうとすると、器具が外れたり口の中を傷つけたりしてしまう可能性もあります。あまりに着色汚れが気になるようであれば、そのときは歯医者さんに相談しましょう。

価格と口コミ評判も要チェック!
東京でおすすめの部分矯正歯科【3院】

特集Check
東京のおすすめ
部分矯正歯科医院【3院】

Googleで「部分矯正 東京」と検索して公式サイトが表示されたクリニック50院から、「最寄り駅から5分以内の距離にある」「夜間診療がある(19:00以降)」「休日診療がある(土日いずれか)」「公式サイトに部分矯正の症例が10件以上掲載されている」を満たす歯科医院をリサーチ。
条件をクリアしたクリニックで「前歯(6本)の部分矯正を行った場合の費用目安」(※1)を計算し、費用が安かった上位3院を紹介します。(2023年7月21日調査時点)

【費用について】

  • (※1)前歯(6本)の部分矯正の費用目安は【初診料+検査・診断料+装置代金+通院中の装置調整料(月1回×6か月)】で算出しています。ただし、部分矯正の費用や治療にかかる期間は、矯正装置の種類、口の中の状態、抜歯の有無によって異なりますので、詳細はクリニックに問い合わせてください。
  • (※2)たつや歯科の費用目安には、初診料・カウンセリング・口腔内検査3,500円程度+前歯(6本)の表側・ワイヤー部分矯正198,000円(1本あたり33,000円)が含まれています。通院中の装置調整料、通院中のクリーニング、ホワイトワイヤーへの変更、保定装置は無料です。
    参照:https://www.bubun-kyousei.jp/flow.html
  • (※3)ワイズ板橋歯科・おとなこども矯正歯科の費用目安には、精密検査44,000円+前歯(6本)の表側・ワイヤー部分矯正198,000円(1本あたり33,000円)が含まれています。相談・カウンセリング、通院中の装置調整料、通保定装置は無料です。
    参照:https://www.olympic-dental.com/price.html
  • (※4)UC矯正歯科クリニック麻布十番の費用目安には、精密検査・診断費55,000円+片顎の表側・ワイヤー部分矯正165,000円+通院中の装置調整料33,000円(都度5,500円×月1回×6か月で計算)が含まれています。初診料・相談料は無料です。
    参照:https://www.uc-ortho.com/price/
【インビザラインについて】
インビザラインは、厚生労働省・未承認医療機器です。日本の矯正治療では医師の責任のもとに使用されます。また、インビザラインは薬機法の承認を受けていない矯正歯科装置のため、医薬品副作用被害救済制度の対象外です。その他の矯正治療も、健康保険(公的医療保険)対象外となりますのでご注意ください。インビザラインの入手経路については、各クリニックによって異なります。詳細は各クリニックへ直接お問い合わせください。日本国内で製作されている類似のマウスピース矯正装置のいくつかは、薬事承認を受けています。
当サイトに掲載されている治療には、インビザライン以外にも未承認医薬品または医療機器を用いた施術が含まれる場合があります。治療に使用される医療機器の入手経路はクリニックによって異なるため、詳細についてはクリニックに直接お問い合わせください。施術を受ける際には、医師によく相談して、納得した上で受けるようにしましょう。これまでに、900万人以上(2020年10月時点)の方がインビザライン・システムを用いた治療を受けています。
※参照元:インビザライン・ジャパン株式会社(https://www.invisalign.co.jp/)