部分矯正の流れについて教えて!

部分矯正の治療の流れをステップ毎に紹介

【ステップ1 初診】

カウンセリングをするとともに口腔内の確認も行います。これは、歯並びを診るだけでなく、虫歯や歯石など治療前にケアすべき点のチェックです。また、部分矯正をするにしても、全体矯正との違いなどカウンセリングには時間をかけてきちんと説明してくれる歯科医院なら安心できます。

【ステップ2 検査】

レントゲンやCTなどを使って、歯や顎の状態を検査します。特に親知らずの状態は、前歯の部分矯正であっても要チェックポイント。また、上下の歯の模型を作成するための型取りもします。

【ステップ3 治療方針決定】

レントゲンやCTの画像と模型を使って、具体的な治療方法についての提案を受けます。治療期間や費用の説明もあり、場合によっては複数の提案から選択することもあるでしょう。

【ステップ4 治療開始】

取り決めた治療方法にそって矯正装置を装着します。歯を動かせるように歯を研磨することもあります。

【ステップ5 通院】

矯正方法や個人差などもあり通院するペースは異なりますが、一般的にワイヤー矯正では3週間ごとが目安で、2週間ごとや4週間ごとになることもあります。

参照元:『早い! 安い! 痛くない! 「部分矯正」歯科で美と健康を手に入れる。』(たつや歯科/鈴木 達也(著))

部分矯正の全体の治療期間と料金目安

部分矯正の治療期間の目安は全体で6ヶ月程度。ワイヤー矯正の期間が3ヶ月程度、マウスピース矯正の期間は2~3ヶ月程度です。

費用は治療方法や使う装置など、そしてクリニックによっても異なりますが、上顎だけで25万~30万円程度。上下の顎両方を部分矯正する場合はその倍くらいになるでしょう。

部分矯正のメリット・デメリット

部分矯正のメリット

全体矯正と比較した場合は、部分矯正は費用が安くなり期間も短くなります。また、治療中の痛みが軽めになる点や発声への影響が小さい点もメリットといえます。

部分矯正のデメリット

部分矯正は文字通り歯の一部のみを矯正する治療となるため、対応できる症状は限定されます。噛み合わせが悪い場合や歯並びの凹凸が激しい場合などは全体矯正でないと治療できないことがあります。

部分矯正が向いている人

部分矯正が向いているのは、中・軽度の前歯の歯並びが気になっている方です

いわゆる出っ歯やすきっ歯、前歯の生え方がねじれていたり歯並びがガタガタしている症例で、気になる歯を含めて数本の治療で矯正できる人なら部分矯正という選択肢も可能です。

部分矯正治療は症状の重度によって治せる・治せないはありますが、医師の部分矯正の症例経験数によっても対応範囲が変わる治療法です。「私は無理かも…」と諦めずに、ぜひ部分矯正を取り扱っている歯科医院に気軽に問合せをしてみて下さいね。

特集Check
東京のおすすめ
部分矯正歯科医院【3院】

治療期間最短3ヶ月、平均6ヶ月の症例を公式HPで実際に掲載していて、所属学会から認定資格をもらっている東京の部分矯正歯科【3院】をピックアップ!

  • 料金目安は、6ヶ月の治療でかかる料金を算出。カウンセリング、診察、診断、レントゲン撮影、ワイヤー、調整、保定の全ての料金を含みます。ただし、個人差や症状によって変わりますので、不明点はクリニックに問い合わせて下さい。
  • 治療後の保定期間は含みません。
  • 部分矯正の費用平均は30万~50万円、治療期間の平均は、上下の歯両方で1年程度、片側だけで6ヶ月と言われています。症状やクリニックの方針により金額・治療期間は変わりますので、お一人で悩まずぜひクリニックに相談して下さい。
  • 痛みが少ない治療ではありますが、治療中は多少の痛みを伴う場合があります。また、指示された期間の定期健診を怠ると後戻りをするリスクもありますのでご注意下さい。

東京で認定資格を持つ
おすすめの部分矯正歯科3院