公開日: |最終更新日時:

矯正治療中の食事で気を付けることはある?

矯正治療中は装置をつけることで昌実軽い痛みで食事がしづらいことがあります。ですが、必要な栄養をしっかり摂取することは大切です。この記事では、矯正治療中の食事に注意が必要な理由と、注意しなければならない食べ物、おすすめの食べ物について紹介していきます。

注意が必要な理由

歯の隙間に挟まりやすい

矯正治療中は、歯の隙間や歯茎の隙間、矯正装置にも食べ物が挟まりやすくなります。挟まったものをそのままにしておくと虫歯につながるため、常に清潔を保つようにしなければなりません。矯正治療中に歯の隙間に挟まったときは、歯間ブラシなどを用いてしっかり汚れを落としましょう。

マウスピースなど、取り外しができる矯正装置の場合は装置自体に挟まることはありません。ですが、歯の隙間には挟まりやすいので、噛み合わせ部分はしっかり磨くことを意識する必要があります。

器具が壊れる可能性がある

固いものを噛んだりすると、器具が壊れてしまう可能性があります。万が一壊れたことに気づかずにいると、歯が計画通りに動かずに治療が長引いてしまうことも。ガムやグミ、キャラメルなど、歯に引っ付きやすい食べ物も矯正装置が外れてしまう原因になるので注意が必要です。

矯正装置が壊れやすい食べ物は小さくしてから食べるなど、食事の際には工夫しなければなりません。

注意が必要な食べ物

硬い物

矯正治療中は歯の移動による痛みが生じます。固いものを食べると痛みが悪化する可能性があるため、控えたほうが良いでしょう。また、固い食べ物を食べると装置が壊れてしまう可能性があります。固いおせんべい、ナッツ類、バゲットなど、固いものを食べるときは小さくしてから食べる工夫をしてください。リンゴやトウモロコシを前歯でかじりつくことも、装置が外れる可能性があり危険です。

粘着性のある物

ガム、グミ、キャラメル、おもちなど、粘着性がある食べ物は矯正装置が外れてしまう可能性があります。食べ物が矯正装置にくっついてしまうリスクもあるため、できるだけ控えたほうが良いでしょう。

特に全体矯正をしている場合、奥歯に粘着性がある食べ物が引っ付くと取ることが困難です。キャラメルなどの甘い食べ物は虫歯の原因にもなるため、注意して食べてください。

器具に引っかかりやすい物

器具に引っかかりやすい食べ物は、引っかかるとなかなか取れないため気を付ける必要があります。ニラやエノキ、お肉など、繊維質が多い食べ物は器具に引っかかりやすいので注意してください。

ラーメンなどの麺類も器具に挟まりやすく、矯正治療中は食べにくい食べ物です。これらの食べ物で器具が壊れてしまうことはありません。しかし、一度引っかかると取りにくく、引っかかったままでは虫歯の原因になる可能性もあるため注意しなければなりません。

色が移りやすい物

カレー、コーヒー、ワインといった色が移りやすい食べ物を食べると、矯正装置が変色する可能性があります。矯正装置は目立たなくするために、透明なゴム製の部品が使用されているものが多いです。透明のゴムは色素沈着しやすいため、一度の食事でも色移りしてしまう場合があります。

せっかく目立たない矯正装置を選んでも、色移りをすると悪目立ちすることにもなりかねません。色移りしやすいものでどうしても食べたい食べ物があるときは、ゴムを交換する前日に食べるなど工夫しましょう。

おすすめの食べ物は

柔らかい食べ物

矯正中の食事は柔らかいものがベストです。矯正治療には痛みを伴う場合もあるため、強い力で噛まなくても食べられる食べ物を食べましょう。おかゆや軟らかく煮たうどん、リゾット、豆腐、柔らかいハンバーグなどが食べやすい食べ物です。柔らかい食べ物は矯正装置にもダメージを与えないため、食事によって器具が壊れる危険を防ぎます。

水分を多く含んでいる物

水分を多く含んだ食べ物も矯正治療中に食べやすいでしょう。主食であればおかゆ。みそ汁などの汁物に、茶わん蒸し、ヨーグルトなどもおすすめです。水分を多く含んだ食べ物は喉越しがよく、あまり噛まなくても食べることができます。

ビタミンB2やB6を多く含む物

ビタミンB2は傷を早く治す作用があるため、口内炎ができやすい矯正治療中には積極的に摂取したい栄養です。ビタミンB2はウナギやチーズ、卵などに多く含まれています。

ビタミンB6には粘膜の免疫を維持する役割があります。バナナやニンニクに多く含まれている栄養です。生で食べるのが良いとされていますが、生で食べにくいものは調理するなど工夫して摂取しましょう。粘膜の免疫を維持することで、矯正装置によってできた粘膜の傷の再生能力を高める効果が期待できます。

特集Check
東京のおすすめ
部分矯正歯科医院【3院】

治療期間最短3ヶ月、平均6ヶ月の症例を公式HPで実際に掲載していて、所属学会から認定資格をもらっている東京の部分矯正歯科【3院】をピックアップ!

  • 料金目安は、6ヶ月の治療でかかる料金を算出。カウンセリング、診察、診断、レントゲン撮影、ワイヤー、調整、保定の全ての料金を含みます。ただし、個人差や症状によって変わりますので、不明点はクリニックに問い合わせて下さい。
  • 治療後の保定期間は含みません。
  • 部分矯正の費用平均は30万~50万円、治療期間の平均は、上下の歯両方で1年程度、片側だけで6ヶ月と言われています。症状やクリニックの方針により金額・治療期間は変わりますので、お一人で悩まずぜひクリニックに相談して下さい。
  • 痛みが少ない治療ではありますが、治療中は多少の痛みを伴う場合があります。また、指示された期間の定期健診を怠ると後戻りをするリスクもありますのでご注意下さい。
【インビザラインについて】
インビザラインは、厚生労働省・未承認医療機器です。日本の矯正治療では医師の責任のもとに使用されます。また、インビザラインは薬機法の承認を受けていない矯正歯科装置のため、医薬品副作用被害救済制度の対象外です。その他の矯正治療も、健康保険(公的医療保険)対象外となりますのでご注意ください。インビザラインの入手経路については、各クリニックによって異なります。詳細は各クリニックへ直接お問い合わせください。日本国内で製作されている類似のマウスピース矯正装置のいくつかは、薬事承認を受けています。これまでに、900万人以上(2020年10月時点)の方がインビザライン・システムを用いた治療を受けています。
※参照元:インビザライン・ジャパン株式会社(https://www.invisalign.co.jp/)