部分矯正の治療法の種類ってどんなのがある?

東京の相場・期間

当サイトで紹介している東京の部分矯正歯科医院25院の部分矯正の費用と期間を元に目安をまとめてみます。

費用は、部分矯正の片顎4~6本の症例をもとに診断や調整・保定などを含めた金額で調査したところ、135,000~467,000円までの幅がありました。

期間については片顎のみの平均が6ヶ月、最短は3~6ヶ月、最長は6ヶ月~3年ということがわかりました。

各矯正の特徴とメリットとデメリット

表側矯正

特徴

矯正をする歯の表側にブラケットという装置を付けて、それらにワイヤーを通して矯正を行う方法。ブラケットやワイヤーには金属のものや透明・白のものもあります。

メリット

他の治療方法に比べて期間が短めになり費用も安く収まる傾向があります。

デメリット

矯正装置を装着していることである程度のストレスにはなるかもしれません。また、素材によっては矯正装置が目立ってしまいます。目立たない表側部分矯正もあるので、不明点は歯科医院に相談しましょう。

裏側矯正

特徴

ブラケット及びワイヤーを歯の裏側に付ける方法。表側矯正に比べて、治療方法としての難易度が高くなります。

メリット

素材にこだわらなくても矯正装置を装着していることが他者にはわかりません

デメリット

表側矯正よりも治療費用が高くなってしまいます。また、矯正装置が舌に触れるのが気になる面はあります。

目立たない矯正(マウスピース/セラミックブラケット/ジルコニア)

特徴

矯正装置の素材や色を目立たないものにする方法。セラミックやジルコニアを使ったブラケットは白色、マウスピースなら透明のものなどを利用します。

メリット

従来型の金属を使った表側矯正と比べると、傍目には矯正装置を付けていることがわかりにくくなります。

また、ブラケットは固定式となりますが、マウスピースなら取り外しが可能で、ブラケットよりもストレスが少なく歯のケアもしやすくなります。

デメリット

マウスピースは本人が装着時間を管理する必要があり、怠けてしまうと部分矯正が思うように進みません。毎日洗浄するなどメンテナンスの手間もかかります。

ブラケットは素材が違っても食事後の丁寧なケアが必要な点や、ある程度ストレスを感じるという点では表側矯正と同様です。

参照元:『部分矯正とマウスピース矯正の魅力』(You矯正歯科/青山健一(著))

東京で【表側矯正】の部分矯正に対応している矯正歯科医院

東京で【裏側矯正】の部分矯正に対応している矯正歯科医院

東京で【目立たない矯正】の部分矯正に対応している矯正歯科医院

特集Check
東京のおすすめ
部分矯正歯科医院【3院】

治療期間最短3ヶ月、平均6ヶ月の症例を公式HPで実際に掲載していて、所属学会から認定資格をもらっている東京の部分矯正歯科【3院】をピックアップ!

  • 料金目安は、6ヶ月の治療でかかる料金を算出。カウンセリング、診察、診断、レントゲン撮影、ワイヤー、調整、保定の全ての料金を含みます。ただし、個人差や症状によって変わりますので、不明点はクリニックに問い合わせて下さい。
  • 治療後の保定期間は含みません。
  • 部分矯正の費用平均は30万~50万円、治療期間の平均は、上下の歯両方で1年程度、片側だけで6ヶ月と言われています。症状やクリニックの方針により金額・治療期間は変わりますので、お一人で悩まずぜひクリニックに相談して下さい。
  • 痛みが少ない治療ではありますが、治療中は多少の痛みを伴う場合があります。また、指示された期間の定期健診を怠ると後戻りをするリスクもありますのでご注意下さい。

東京で認定資格を持つ
おすすめの部分矯正歯科3院