部分矯正の痛みってどれぐらい?

部分矯正が痛みが少ない理由

全体矯正と比べて部分矯正が痛みが少ないのにはちゃんとした理由があります。それは主に以下の3つです。

  1. 部分矯正は動かす歯の本数が少ないので痛みも少ない
  2. 部分矯正はできるだけ抜歯をしない治療が可能
  3. 部分矯正では痛覚がない歯のエナメル質を研磨する

例えば、全体矯正は小臼歯を抜歯してスペースに余裕を持たせて、歯全体を動かすのに対して、部分矯正は移動に必要なスペースを歯のエナメル質の研磨によって作るわけです。

歯科矯正治療の代表的な痛み

歯が動くとき

歯は根元の部分が歯槽骨という骨によって支えられています。矯正治療では、この部分に力を加えて歯の位置や向きを変えるのですが、それが歯槽骨に刺激となって伝わり、痛みになるわけです。

食事の時にモノを噛むとき

矯正装置を付けた状態で、食事をするのにモノを噛むと痛みを感じることもあるでしょう。特に固いモノやくっつきやすいモノなどは矯正装置に影響するリスクが高く、装置がズレたりする要因になります。

歯の装置が口内であたるとき

ブラケットとワイヤーで矯正する場合、表側矯正だと口腔の内側に、裏側矯正だと舌に器具が接触します。特に慣れないうちは粘膜を刺激することになり、場合によっては口内炎になることもあります。

抜歯

歯を抜けば痛いのは誰でも同じですが、ある程度日数が経ってから痛みを感じる場合、血液が凝固せず露出した骨に異物が当たっている可能性があります。

参照元:「歯の教科書」
https://haisha-yoyaku-blog.jp/correction-pain-7758#h-num03
https://haisha-yoyaku.jp/docs/braces/orthodontic-tooth-extraction-pain.html

部分矯正で痛みを感じるケース

部分矯正でも、歯を研磨する際にエナメル質の内側にある象牙質に達してしまうと痛みを感じます。部分矯正に長けた専門医であれば、マイクロスコープを使うなどして、コンマ数ミリ単位での施術をしますが、歯の構造は千差万別なので、診断も含めて歯科医院選びには注意が必要です。

また、歯が動く際の痛みや矯正装置を付けることに伴う痛みは全体矯正と同様の面がありますが、部分矯正の方が影響範囲は少ないので、相対的な痛みは少なくなります。

参照元:『早い! 安い! 痛くない! 「部分矯正」歯科で美と健康を手に入れる。』(たつや歯科/鈴木 達也(著))

特集Check
東京のおすすめ
部分矯正歯科医院【3院】

治療期間最短3ヶ月、平均6ヶ月の症例を公式HPで実際に掲載していて、所属学会から認定資格をもらっている東京の部分矯正歯科【3院】をピックアップ!

  • 料金目安は、6ヶ月の治療でかかる料金を算出。カウンセリング、診察、診断、レントゲン撮影、ワイヤー、調整、保定の全ての料金を含みます。ただし、個人差や症状によって変わりますので、不明点はクリニックに問い合わせて下さい。
  • 治療後の保定期間は含みません。
  • 部分矯正の費用平均は30万~50万円、治療期間の平均は、上下の歯両方で1年程度、片側だけで6ヶ月と言われています。症状やクリニックの方針により金額・治療期間は変わりますので、お一人で悩まずぜひクリニックに相談して下さい。
  • 痛みが少ない治療ではありますが、治療中は多少の痛みを伴う場合があります。また、指示された期間の定期健診を怠ると後戻りをするリスクもありますのでご注意下さい。

東京で認定資格を持つ
おすすめの部分矯正歯科3院