公開日: |最終更新日時:

部分矯正は保険適用対象なの?

部分矯正は前歯など、一部分の歯列を矯正する方法です。保険適用の対象になるかどうかを調査しました。

部分矯正に保険適用はできない

部分矯正を含む矯正治療は、歯や顔の見た目を整えるための「審美歯科治療」に含まれるため、保険適用の対象とはなりません。

保険の対象となるのは、先天性の異常・顎変性症の診断を受けた場合・埋伏歯開窓手術を要する前歯の永久歯の噛み合わせ異常のみとなります。先天性の異常や噛み合わせの異常についても、厚生労働省が定めた特定条件を満たしている症例に限られています。

部分矯正は口の中全体の矯正治療に比べて小規模であり、審美治療に含まれるうえ、部分的な症例のために病的な診断がつきにくくなっています。

部分矯正の負担を少しでも減らす方法

部分矯正が保険適用にならない場合、少しでも医療費がかからないようにするための方法をチェックしていきましょう。

医療費控除を利用する

医療費控除は高額な医療費の負担を抑えるための控除で、矯正治療にも適用可能です。「一般的な支出の水準を著しく超える特殊なもの」以外は控除の対象となり、歯列矯正についても不正咬合など、目的が適正であれば医療費控除の対象に含まれます。

歯列矯正にかかった治療費のほかに、交通費や医薬品も控除の中に含めることができます。ただし「通院に公共交通機関を利用した場合の交通費」のみが対象であり、自家用車で通った場合は駐車料金・ガソリン代が対象外となってしまうため注意が必要です。

また、医療機関や薬局の窓口で支払った医療費が1ヶ月のうちに上限額を超えたとき、超過分が支給される「高額療養費制度」を利用することもできます。

分割払いを利用する

矯正治療は自由診療のため、費用が高額になる傾向にあります。そのため、少しでも費用を抑えるには料金が透明化されているクリニックを選ぶことが大事ですが、さらに「分割払い」を利用する方法もおすすめです。

分割払いは矯正装置・装着料・調整料・インプラントスクリュー関連費用・手術用顕微鏡の使用量・保定装置(リテーナー)料金などあらゆる治療費を分けて払うことが可能で、内訳や支払い回数はクリニックによって異なります。所定の治療回数内であれば分割手数料を無料としているケースが多く、毎回の治療費を安く抑えたい場合に有効です。

クレジットカードで支払う

医療費控除や高額療養費制度、分割払いに加えてクレジットカードでの支払いを行うことも、治療費をお得にする方法のひとつ。

クレジットカードを利用するとポイントが貯めやすくなり、同時に分割払いにもできるため治療費の支払いに負担がかかりにくく、お得感もあります(ただし分割払いで手数料がかかる場合や、金利は医療費控除の対象外です)。

特集Check
東京のおすすめ
部分矯正歯科医院【3院】

治療期間最短3ヶ月、平均6ヶ月の症例を公式HPで実際に掲載していて、所属学会から認定資格をもらっている東京の部分矯正歯科【3院】をピックアップ!

  • 料金目安は、6ヶ月の治療でかかる料金を算出。カウンセリング、診察、診断、レントゲン撮影、ワイヤー、調整、保定の全ての料金を含みます。ただし、個人差や症状によって変わりますので、不明点はクリニックに問い合わせて下さい。
  • 治療後の保定期間は含みません。
  • 部分矯正の費用平均は30万~50万円、治療期間の平均は、上下の歯両方で1年程度、片側だけで6ヶ月と言われています。症状やクリニックの方針により金額・治療期間は変わりますので、お一人で悩まずぜひクリニックに相談して下さい。
  • 痛みが少ない治療ではありますが、治療中は多少の痛みを伴う場合があります。また、指示された期間の定期健診を怠ると後戻りをするリスクもありますのでご注意下さい。
【インビザラインについて】
インビザラインは、厚生労働省・未承認医療機器です。日本の矯正治療では医師の責任のもとに使用されます。また、インビザラインは薬機法の承認を受けていない矯正歯科装置のため、医薬品副作用被害救済制度の対象外です。その他の矯正治療も、健康保険(公的医療保険)対象外となりますのでご注意ください。インビザラインの入手経路については、各クリニックによって異なります。詳細は各クリニックへ直接お問い合わせください。日本国内で製作されている類似のマウスピース矯正装置のいくつかは、薬事承認を受けています。これまでに、900万人以上(2020年10月時点)の方がインビザライン・システムを用いた治療を受けています。
※参照元:インビザライン・ジャパン株式会社(https://www.invisalign.co.jp/)